交通事故に遭ったら

交通事故に遭った場合には専門家に依頼することで、相手側が提示してきた賠償額が適正な額かどうか確かめることができます。 交通事故の専門家としては、弁護士や行政書士などがあげられますが、行政書士の場合は裁判になった時にはその資格がなく、賠償額も一定金額までしか交渉できないという制約があります。 その点、弁護士の場合はそれらの制約がないので、高額な賠償請求を行うことも可能ですし、交渉が決裂して裁判を起こすことになった場合にも全て代理で手続や交渉をしてくれるので、示談交渉等にかかる精神的負担も軽減することができます。 また、損害賠償額の基準は保険会社よりも弁護士の方が高く設定されているので、増額できる場合がほとんどです。

交通事故に関する弁護士費用は、弁護士事務所によって料金体系が違うので一概には言えませんが、着手金の他に報奨金として受け取った賠償金の何割かを支払うというパターンが多く見受けられます。 損害賠償額は怪我の度合いや後遺障害の等級などによって大きく変わってくるので、受け取る賠償金が高ければ高いほど、弁護士に支払う費用が高くなりますが、弁護士が示談交渉や裁判を依頼すると、保険会社が提示してきた賠償額よりも増額できる場合が多いので、弁護士費用を支払っても依頼した方が特になるケースが多くなっています。また、より有利に交渉を進めていくには、交通事故の案件を得意としていて多くの案件実績を持っている弁護士に依頼することです。